2005-03-21

PASSION

昨年、映画の公開時にショッキングな映像でショック死する人が出たと話題になったメルギブソンの監督作品。

新約聖書を読んでいる人しか「時間の流れ」が理解できないのではないかと思うけど、ストーリーの流れは映画としてわかるんじゃないかな。
でも登場人物についての細かい説明のようなものはほとんど無いから、多少なりとも聖書の話を知らないとやはりきついか。。

キリスト者ではない自分は、映画のどの辺りでショック死がでたのかはわからないけど、人間が群集として行う非道についてのショックは色濃く出ていると思う。

こういう群集心理というのは、ベースとして他の文化を受け入れない考え方があると思うのだけど、映画の中でイエスを追う大司祭たちは、自分とは違う意見を取り入れられないものの代表であろう。
ところで、最近のアメリカのキリスト教の一部の人たちにも、他の文化を許さない傾向があるような気もするけど、この映画と対比して考えたときに、それは思い過ごしなんだろうか?

0 件のコメント:

コメントを投稿