2005-04-08

流石 3

流石にお邪魔して、打合せの後に、昼からアルコールをいただく。

時々「何のために働いているんだろ?」と自問するけど、こういう瞬間に「ああ美味しいものを食べるために働いてるんだ」と再確認してる。。
初めて、携帯のカメラで撮ったけど、それなりに写るもんだなぁ。

まずは、軍鶏の炒り鳥を食べる。
このときは、グラスのビールと一緒に食べたけど、本当に美味しい。

店主の藤田さんから、「このトマトを食べなさい」と言われ、出された白ワインと一緒に食べてみた。
どうしたんだ?このトマトは。
本当にトマトか? 果物のような甘みのある味で、まるで桃みたいだ。

東京の有名なお店のいくつかが、同じ栃木の人から買い付けてるらしい。


いつもお蕎麦を2種類食べて締めにするけど、今日は初めて温かいお蕎麦を一つ食べてみた。
もずくのお蕎麦だった。
おなじもずくでも、沖縄などの南のほうのもずくのようには太くなくて、流石の細い蕎麦に合う。

幸せなお昼だった。。

0 件のコメント:

コメントを投稿