2005-04-25

鮨 水谷 → 新世館 → Cafe la touche

保険の仕事の関係で、急遽日帰りで東京へ飛ぶ。
東京は小雨模様。。

お客さんである藤田さんに、「お昼ごはんを食べましょう」と誘われ、新橋駅に近い銀座8丁目のお寿司屋さんへいった。

行った先は、「鮨 水谷」。
すきやばし次郎→次郎よこはま店→ご自分のお店を開店というお鮨の職人さんだ。
よく予約取れたなと関心。
「藤田さん、なぜ???????????」と「?」が沢山並ぶくらいに、色んなジャンルの飲食店の知り合いがいる。
そういえば、かなり以前に、当時は中野坂上にあった「鮨 さわ田」にも連れて行ってもらってたな。
今はもう予約も取れないほどに込んでるらしいけど。銀座に引っ越しちゃったし。

カウンターでお鮨を頂きながら、ご主人の水谷さんの動きを見つめてしまった。
やっぱり、職人さんて動きが流れるようで無駄が無い。所作が美しいというか。。
「出来れば日本酒を飲みながらお鮨を頂きたいよなぁ」と思いながら、お茶でお鮨をいただく。
ああ、シャリがおいしい。ネタがおいしい。
ずーっと食べていたいけどそういうわけにも行かず、甲府へもどる。

以前から約束が入っていた某社の方たちに誘われ食事に。
今度は焼肉「新世館」。。
昼にお鮨をいただいて、今度は焼肉!!!
エンゲル係数高すぎと思うと同時に、なんか、水谷さんを冒涜してしまったような気も少しする。。
自分に反省させよう。
仕事の話と世間話を交えつつ、お肉をいただく。
男4人だと、ある程度年齢を重ねていてもそれなりの量を食べるなぁと関心。

世間話の中で、ワインとカフェの話になっていたので、デザートを頼む代わりにカフェに行こうということになる。
Four Hearts Cafeに行こうかと思ったけど、月曜は21時30分がラストオーダー。
考えて、近くにあるla toucheへ。

ソムリエーヌの工藤さんの説明を聞きながら、甲州種を使った白ワインをいただく。
フジッコワイナリーの甲州の2002年 うまいです。 びっくりです。
http://www.fujiclairwine.jp/
その後、目的のデザート「クレームブリュレ」を食べた。

今日は一日で沢山移動したなぁ。。

0 件のコメント:

コメントを投稿