2005-05-18

現代の肖像 西原理恵子

西原理恵子さんのことがAERAに出ていた。

読んでみて、とても納得がいくインタビューだった。

西原さんのマンガは初期の頃の漫画からずっと読んでる。
西荻窪の雀荘で会ったこともあったし。。

彼女のマンガを読んでいて、捨て身の部分に笑うと同時に、どうしてこんなにも「けなげ」なんだろうと思うことが何度もあった。
それがわかったとはいかなくても、そのわけの片鱗を見た気がする。
彼女は、ここではないどこかをずっと探し続けてきたんだと思う。
だから、そこにいられるように、鬱状態になってまで、マンガにしがみつづけたんだと。
それと同時に、セラピーのようなものであったと。

だから、「毎日かあさん」を読み、「上京ものがたり」を読んだときに、ほっとした。
やっと大切なものが見つかったんだなって。

マンガの中の言葉。

「とくべつに大切なのはひとつかふたつくらいだし」

0 件のコメント:

コメントを投稿