2005-06-09

Arthur Andersen (アーサー・アンダーセン)への有罪判決を差し戻し

★米連邦最高裁、アーサー・アンダーセンへの有罪判決を差し戻し。エンロン関連の書類破棄問題で証拠が不十分だったと判断。
http://news.goo.ne.jp/news/reuters/kokusai/20050601/JAPAN-178440.html

では、何のためにアンダーセンは無くなってしまったのだろう。

監査法人という高い倫理性を求められているとはいえ、このような状態になったのは悲しいなぁ。
もう元には戻せないんだから。
数年とはいえ在籍していた経験がある自分にとっては、すこし嫌な感じが残る。

こういったときの司法の救済はどのようにおこなわれるんだろうなぁ???

0 件のコメント:

コメントを投稿