2005-09-06

このままうまくいってほしい

なんだかんだで、1年半の時間を費やした仕事がほぼ終わりを迎えようとしている。
あと2ヶ月くらいか??

普段の申告書を作成するような仕事と違って、かなり特殊というか、それに関わる人たち全ての人生を左右してしまうような仕事だった。
それが、当事者として関与していた人たちが費やした年月とエネルギーの作用によって、ほぼ良い形で整おうとしている。

正直に言って、法律面での勉強になった仕事であったと同時に人間の人生が左右される瞬間というか生活ってなんだろうと考えさせられる仕事だったと思う。
仕事としては前向きな仕事だった。

ちょっとでも法律がからんだ仕事をしている以上、客観的に物を見るために、あまりクライアントの精神状態と同化してはいけないとは思っているものの、どうしても難しいことってあるなぁ。。。
映画の「The Client」に出てくるセリフのように、「Client is a client」という風には行かなかった。
ある意味、自分もきつかったなぁ。

まだ最終的な文書にはなっていないけれど、条件面が整ったということは本当に嬉しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿