2006-01-30

サディスティック・ミカ・バンド 再々結成

17年前に再結成のライブを見に行ったミカバンドが再々結成。。
あの時はEMIの方にチケットをお願いできたから、アリーナ席で見れたんだったな。
たしか、東京ベイNKホールだったような。。

http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-060129-0017.html

木村カエラがボーカルって言うのは、何となく雰囲気があっていて面白い気がする。

2006-01-24

どんなもんじゃ

大学院の授業の後にもんじゃ焼きを食べに行く。
大人数だとこういうお店があってると思う。

「どんなもんじゃ」の関係の方が授業のゼミが一緒。。
http://www.kanaya-group.co.jp/shop/isawa.html

もんじゃ焼き自体、それほど食べる機会は無いけれど、塩ラーメン味のもんじゃ焼きというものを初めて食べて美味しいなと思う。
それ以外にも海鮮の鉄板焼きも出てきたけれど、これも美味しかった。

ただ、スーツ姿だと、あとで匂いに困るかもね。

2006-01-15

新 動物占い

一時期一世を風靡した動物占い。
あれは当たってるなぁと感心してた。

そしたら、ネット上にこんなものを発見。
http://www.ddart.co.jp/doubutu/doubutu.html

あなたはユーモアのセンスのある黒ひょうでです。

<あなたはどんな男性>
明るく知己にtみ、勘もいい方なのですが、自己表現があまりうまくありません。
思っていることを素直に伝えられず、ぶっきらぼうな言い方になり、誤解されることが往々にしてあるのです。
心の奥には自分の信じることを全てを賭ける情熱の炎が燃えたぎっています。
興味のもてるアイディアが浮かぶと、それを実現するためにあなたは全力でぶつかっていきます。
多少の障害がたちはだっても、あなたはそれを物ともせず、自己の求める方向に進んでいく強靱な精神を持っています。
好きなことに対しては努力を怠りません。
窮地に陥っても打開できる強運を持っていて、どこからか救いの手が差しのべられます。

<あなたの本質>
人にはそうは見えないかもしれませんが、人情家でもあり、あなたに好意を抱いたり、信頼している人もかなりいるはずです。
ただ勘が鋭いため、時折勘に任せて発言・行動に、周囲に緊張感を与えることがありますので注意しましょう。
内面的には、熱い情熱の人です。
自分一人で事を押し進める強さを持ち、又感受性が豊かで、常に心に夢を暖めています。
そして、その夢の実現のためにひたむきに努力します。
自分の好きなことには、寝食を忘れて没頭する人です。

<対人関係>
本来はアイデアマンで、頭の回転が速く、環境の変化に対しても柔軟に対処できる融通性を持っているのですが、人との対応がまずいため、押しつけがましいと人に見られてしまいます。
冷静に考えた上での行動ではなく、鋭い直感から来るひらめきに従って行動しているので他人には良く理解できず気分屋と受け取られてしまうのです。
人当たりは良く、和やかな場を演出するのが上手なのですが、あなたは元々他人を頼りにしない自主独立タイプの人なのです。
センスのあるユーモアの持ち主で、かなりの社交家です。
機知に富み、ユーモラスな言動が人を引きつけます。
人当たりも良くいわゆる友人・知人は多い方です。

<恋愛>
あなたは自信過剰で、いろいろと考えてしまうので、すんなりと恋がまとまらない事があります。
同性に対しては柔軟に対応できるのですが、異性に対しては思うように自分を表現できないので、自分でもどかしさを感じます。
自分と感性のぴったり合う人に出会えると、強い心の結びつきが生まれます。
つき合うと、持ち前のユーモア精神で女性を飽きさせず、優しく女性をリードしていきますので恋人としては最適です。

<相性(恋愛編)>
恋人としての相性
○ライオン キチッとしているライオンとは安心してつきあえます。
×ぞう   見た目も行動も地味なぞうとの恋愛では物足らない。

結婚相手としての相性
○ひょう  性格、価値観が同じ黒ひょう同士は対等なディンクスに向き
×ペガサス きままで、贅沢好きのぺガサスとは価値観が合わない。

<相性(仕事編)>
上司
○ペガサス 上司にも批判をずけずけ言う黒ひょうには何を言っても根に持たないペガサスが上司だとありがたい。
×らいおん 形式的なことにこだわりすぎるライオンには不満がたまりつい口答え。

部下
○トラ   立場にこだわる黒ひょうは、きちんと目上をたてるトラに満足。
×たぬき  天然ぼけのたぬきの遅い行動にイライラ

2006-01-14

何が宿ったの??

少し前に「背中を流して」もらって不思議な感覚を得てから数日経過した。
http://ictao-fic-another-side.blogspot.com/2006/01/blog-post_10.html

まあ毎日働いているわけだから基本的な疲労感はあるけれど、背中の皮膚の下辺りの感覚は相変わらず軽い。
あのときの方には「その感覚は本当に出て行ったんですよ。少しは宿ったものもあると思うけど」といわれたけれど、確かに「何か」を取り除いたような感覚ではあるなぁ。。。

一体、何が宿ったのだろう。。

2006-01-13

ほんとうにあたる人がいるんだな

13日の金曜日。
特に、何も起きなかった。(笑)

ところで、知り合いが宝くじに当たった。
どんな種類の宝くじかはわからないけれど、何等賞とか言うのではなく「60周年記念」というカテゴリーであたったらしい。
なんと60万円。。。。

1万円くらいの金額であれば共同購入であたったことはあるけれど、それ以上の金額があたったのを身近で初めて見た。

2006-01-10

不思議な感覚

大学院の授業開始。
と思ったら、もう発表の順番が回ってきそう。
準備しなきゃいけない。。。(ーー;)

ゼミが一緒の学生たちが、株式会社を設立して株式などの運用のチャレンジをいよいよ始める。
授業の後で色々話を聞いてみると中々面白そう。がんばって収益を上げて欲しいと思う。

そんなところに、役員をやっているところの社長から個人的な新年会のお誘いの電話。
30分くらい顔を出しに行く。

ここで不思議な体験。
ご一緒した方から、「かなり疲れた感じですね」「背中を流しましょう」と言われ肩から背中にかけてスーツの上から触れられる。本当に流すような撫でるような動き。

不思議だったのは、触れられているのは肩なのに何故か胸の肋骨の中心に痛いような感じがしたこと。
そして背中の皮膚のすぐ下のあたりが急に軽くなったような感じに。。
これって何なんだろ??
彼らはこのことを「宿った」と表現していたけれど、僕には何かが「出て行った」ような感じなんだけれど。。

A bad decision is better than none.

AERA Englishに取材されていた方が印象に残っているという言葉。
アメリカ人の経営者が言ったとの事。

A bad decision is better than none.


経営者は「決断すること」が仕事であるから、悪い判断でも何もしないよりはずっといい。

2006-01-09

初夢

初夢っていつ見る夢を言うのか??

検索してみる。。
http://library.kodaira.ed.jp/local/tkk/tkk23/tkk23_06.html

江戸が東京になってからは「2日の夜に見る夢」を初夢というようになったらしい。

それにしても、年が明けてから「夢」を見ていないまま。。。
タイミングを失ったみたい。

2006-01-07

24 seasonⅣ


末年始の休みに見ようと思っていたものを全て見た。

相変わらず、面白い。
もしかしたら、seasonⅢよりも面白いかもしれない。
どうやらseasonⅤが米国でスタートするみたいだけれど、日本でのDVDリリースは秋ぐらいになるのかな。