2006-06-12

聖地巡礼 ~逆な「有朋自遠方来」


用事で出かけたついでに、「水曜どうでしょう」ファンに聖地と呼ばれる場所に行ってみた。

まずは北海道テレビに赴き、日本で最も有名なローカルテレビ局のマスコット「Onちゃん」にまずはご挨拶。

そして、数々の水曜どうでしょう関連グッズを拝見した後に、番組の前枠・後枠の撮影に利用されている隣の公園へ移動。
面白いことに、似たようなことをしている人たちがチラホラ。やはり聖地巡礼だな。
あいにくの天気だったけれど、「ああテレビと同じだ!」と変な感慨にふける。

その後、昨年の6月に北海道へ移住した友人に突然の電話をかけてみると、「夜会いましょう」ということに。
昨年の4月に送別会をやって以来なので1年ぶりにお会いする。
4月に同業者としての登録が終わったらしい。めでたい。

この方、北海道大学のジャズ研の出身だったと初めて知る。
丁度ジャズ研OBのジャズ喫茶でのライブということで一緒ににお邪魔する。
http://www.d3.dion.ne.jp/~jericho/live.htm
これ思いがけずにいい体験だった。狭い空間で、音量を気にせずに、音が音圧となって内臓まで響いてくるのなんて何年ぶりだっただろう。
この夜は、桜井三樹(ts)池田伊陽(g)石田幹雄(p)北垣響(b)川中建治(ds)という方たちが出演していた。
演奏された曲目も全くわからないし、演奏されている方たちも全く知らなかったけれど、自然と目を閉じて聞いてしまえる経験なんてそんなに出来ることじゃないと思う。
音楽ってやっぱりライブだなぁ、それが出来ないなら大音量で聞けるということは本当に贅沢なんだなと改めて思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿