2006-09-06

霰粒腫(さんりゅうしゅ)

霰粒腫(さんりゅうしゅ)という病気によくかかる。。
いわゆる「ものもらい」(麦粒腫)とは違う。
http://www.j-medical.net/etc019.html

疲れが溜まったときに出るので、自分にとっては危険信号みたいなものか??

今までは、注射での治療で治っていたが、今回は腫れがひどかったらしく切開手術をすることに。
それにしても、腫れてからすぐ病院に行ったのだけれど、「どうしてこんなになるまでほっといたの?」と叱られる。慢性的になっていたのかな?

手術自体は10分程度だけれど、瞼の裏側に麻酔の注射をするときが一番痛かった。
運悪く、この日は親戚の告別式があり、運転のため眼帯もできず、傷跡からの出血の残りと麻酔が切れ始めた痛みによる涙で、本物の血涙となってしまった。

血涙を流しながら運転する様は、対向車からすると気味が悪かったに違いない。

0 件のコメント:

コメントを投稿