2006-10-04

トヨタの売上上昇とハイブリッドから推理できるもの

朝、j-waveのニュースでトヨタのシェアが伸び、国内の自動車業界で1人勝ちしていると言っていた。
ところで、トヨタは販売する全車のハイブリッド化を進めるというニュースを聞いた記憶がある。

もし、ハイブリッド車のシェアが一気に拡大すると何が起きるんだろう?

環境の面では排気ガスが減って良い事なんだろう。
ガソリンが使われなくなると、一時的にはガソリンがだぶついて、値段が下がるはず。
でもガソリンを精製する必要がなくなるから、ガソリンの元売大手が淘汰されて、いずれ需給バランスで値段は戻るはず。
そのとき、原油を運ぶタンカーは今ほどの数はいらなくなるだろうから、海運と造船に影響があるのかな。
トヨタが動くということは、世界の自動車産業への影響もありうるから、世界の大手の会社が以前失敗した燃料電池ではなく、ハイブリッド化に参入するんだろう。
そうすると、石油関連の仕事の痛手が世界規模になるんだろうか??

ガソリン価格が下がり始めたという話と併せて、そんなことをぼうっと考えてみた。。。

0 件のコメント:

コメントを投稿