2006-11-04

米マイクロソフト、「宿敵」リナックス系の大手と提携

http://news.goo.ne.jp/article/asahi/business/K2006110303410.html

最近、MacBookをいじっていて改めて思ったのは、ユーザーにとってはOSのプラットフォームとなるハードウェアに何種類もあるというのは面倒なことだなということ。
コストパフォーマンスという点で、MacがインテルCPUを選択してくれたお陰で、この辺の面倒さが本当に解消されたと思う。
と同時に、Mac OS XがUNIX系の延長線上にあるとすれば、世の中にある素晴らしいアプリケーションソフトウェア群も、いずれはUNIXとWindowsの本当に融合したOSの上で動くのかなと考えてた。

そしたら、タイトルのニュースが今朝の朝刊に掲載。
そうだよなぁ。。 これがビジネスにとっても、ユーザーにとっても、意味のあることだなぁと感じる。

0 件のコメント:

コメントを投稿