2006-11-27

Garageband3 -もしこのソフトが昔あったなら。。。


現在発売されているMacには、もれなくGarage Bandというソフトがついてくる。
http://www.apple.com/jp/getamac/tunes.html

もう何年も前から登場している音楽制作ソフトの一種と言っていいのだろう。
このソフトウェアはmidi音源からリアル音源(人間の声であったり、生楽器の音)までを取り込み組み合わせることで音楽が完成できる。
各音源は独立したトラックになっているから、どのような形にでもmix downが可能なんだろう。しかも、音に対して映像を付ける(映像に対して音を付けるとも言える)ことが可能。
おまけのおまけとして1000種類のサンプル音源がついている。

ああ、このソフトが「おまけ」なんだ。。
すごいことだよなぁ。。
20年近く前、オープンリールのテープの2chのデッキに、16 trackのアナログミキサーをつないで一生懸命にミックスダウンしてたのって何だったんだろ?
アナログレコードの頭出しやテープをハサミで切って、スプライシングテープで手作業で繋いで、音をカットしたりレコードからジングルを作っていた時代は、感覚的には本当にちょっと前のはずなのに。。。
あの頃作成したラジオドラマの音源ソースなんて残ってないよなぁ。
残っていたら、このソフトにデジタルソースとして取り込んで、デジタルリマスターを作成できるのに。。
当時に記念としてカセットテープにダビングしておいた完成パッケージは既にiTunesで扱えるaac形式に変換してあるから、ここから各台詞を抜き出せれば可能なのかなぁ???

0 件のコメント:

コメントを投稿