2006-11-16

Windows on Mac 仕事のために超えるべき山

事にWindowsはインストールできたものの、これだけでは仕事にはつかえない。
各種のアプリケーションをインストールしなければならないが、そこにはdeviceの壁がある。。
1. ネットワークへの接続は、Parallelsの仮想ドライバで大丈夫だった。
2. USBタイプのFDが何故か認識されない。
3. プリンタのインストールをどう行うか。
その前に、すべてのWindows Updateを実行し、ウィルスバスター2007をインストールし、インターネットからの危険性を取り除いておく。。

利用しているソフトに、インストール時にキーとなるFDが必要となり、ソフトの利用時にはUSBハードウェアキーが必須という変わったソフトがある。面倒なソフトだけどどうしても利用しなければならない。

まず、FDが認識できない点については、WindowsがMacと共有できるフォルダに、Mac側からFDの内容をコピー。
この内容をParallelsが作成した仮想FDDにコピーすれば良いだろうと思い試してみるが、Windowsのエクスプローラから仮想FDD(エクスプローラではAドライブとして認識)に書き込みができない。
理由を探してみると、この仮想FDDファイルのアクセス権が読み取り専用になっていることがわかった。
http://www.proton.co.jp/products/parallels-mac/faq.html
これをFAQに従い変更し、元々のFDの内容をコピーできた。
これにより、とりあえずソフトのインストール完了。

こんどは、USBハードウェアキーの認識が課題。
これについては、Parallelsのメニューの「デバイス」ー「USB」にリストされていたハードウェアキーをクリックしてアクティブにすると、Windowsのハードウェアの追加ウィザードが起動し認識させることができた。

参考:
http://www.sonic.jdl.co.jp/sp-2/index-gensyo.html

0 件のコメント:

コメントを投稿