2006-11-16

Windows on Mac 概ね移行完了 テストドライブ開始

データの移動も完了し、仕事の肝になるソフトや弥生会計もきちんとインストール完了。
これで、財務系の仕事の利用が開始できる。
バーチャルマシンで動作しているにもかかわらず、動作のスピードは何の問題もなく仕事に利用できる。

Macのソフトに関しては、まだOffice 2004 for Macしかインストールされていない。
このソフトは、intel macに対応したユニバーサルバイナリー形式ではないものの、スピードになんの違和感もない。
これがユニバーサルバイナリー化したらどうなるんだろ? 速いんだろうな、きっと。
あとは、現在はWindows用のDreamweaverやFireworksをユニバーサルバイナリー化した時点でソフトを換えれば二つのOSの特徴を兼ねたマシンになるんだと思う。

それにしても、全体的にWindowsよりもIntel Macの方が起動や動作が速いように感じるのはどうしてなんだろう???

0 件のコメント:

コメントを投稿