2009-05-28

便利な馬鹿者

「便利な馬鹿者」は中国政府の逆鱗に触れぬよう——フィナンシャル・タイムズ
2009年5月26日初出 翻訳gooニュース
http://news.goo.ne.jp/article/ft/world/ft-20090528-01.html

もちろんかつて両国は強力なパートナーだった。朝鮮戦争で韓国を守り戦う米国主導の多国籍軍に対抗して、共産主義の同志国である中国と北朝鮮は肩を並べて戦ったのだ。我々は「唇歯の仲」ほど近い関係だ——というのが、かつての中国のプロパガンダ的言い分だった。

しかしこの表現はかれこれもうずいぶん長いこと、北京では滅多に聞かれなくなった。今や中国と韓国の外交関係や貿易関係の方が、中国と北朝鮮の関係よりもよほど近い。しかし中国政府はそれでも外交の世界で北朝鮮の面倒を見続けているし、国際的な批判や制裁措置のエスカレートを徐々に容認しつつも、北朝鮮に対する国際社会の本格的な反撃を食い止めてきた。

しかし今回の核実験を受けて、中国はかつてない厳しい調子で北朝鮮を批判している。北朝鮮が「自衛」手段と呼んだ実験について、中国政府は「断固として反対」していた。とはいえ、国連決議に背いた北朝鮮に対して、いったいどれほど厳しい制裁措置を中国が容認するのかは依然として不明だ。

その一方で、日米政府を激怒させつつもその無力ぶりを露呈させてくれる北朝鮮と金総書記というのは、中国にとってある意味で「便利な馬鹿者」なのだ。加えて中国は、親米国家が中国国境に誕生してしまうような、そんな南北朝鮮統一には強く反対している。それだけに、北朝鮮国内で本格的な経済破綻・社会破綻のきっかけになりそうな事態は、中国にとっては望ましくないのだ。


北朝鮮の核実験についての論評。
なるほどなぁと思う表現。

2009-05-26

気まぐれコンセプト クロニクル


1981年からビッグコミックスピリッツに連載されていた業界4コマ漫画25年分の中からセレクトされたもの。
映画「バブルヘGo!!」の公開に合わせて2007年に発売された。

本棚から取り出して改めて読んでみると、中身的には広告業界を舞台にした業界漫画だけれども、振り返ってどんな時代であったかを感じるのに役立つと思う。

ある意味、風俗(流行)史、マーケティングの歴史書とも考えられるかな。

2009-05-23

diversity(多様性)のヒント?



もやしもん 第7巻 p185 樹慶蔵教授の言葉

何故なのかと彼の考えを聞いて全員が賛同する訳ないんだ

しかし 中には聞いておきながら自分が納得しないと怒ったり否定したりする愚者がいる

人に説明を求めて解答が常に得られると思っている蒙昧な者も多い

2009-05-21

インフルエンザ

クライアントに米国グリーンカードホルダーの方がいる。

ビジネスの必要に迫られて1週間ほど前からバージニアに行かれていたが、特に発熱などもなく、昨日無事に戻られたようだ。
(出国前に、タミフルの処方を受けていったらしいけれど)

頂いたメールには次のような写真が添付され、「大事を取って、1週間後にお邪魔いたします。」のコメントが。。。



うーん、ニュースで見ている映像よりもはるかに緊迫している印象を受ける。

2009-05-15

レッドゾーン 映画「ハゲタカ」原作



誰かが言った。
人生の悲劇は二つしかない。
一つは、金のない悲劇。そしてもう一つは、金のある悲劇。
世の中は金だ。金が悲劇を生む。


http://www.youtube.com/watch?v=DbZYVdBV6bY

真山仁原作、鷲津政彦が主人公となる経済小説の第3弾。
既にテレビ版の元となった「ハゲタカ」「バイアウト(ハゲタカⅡ)」は読んでいた。
映画が公開されるということで話題となり、新刊を購入。
とても読みやすく面白いので、2日間で上下巻を読み終えた。

企業買収の物語でありながら、テレビ版のハゲタカも含めて感じることは、「それぞれの道義とは何か?」ということである。
http://www.nhk.or.jp/hagetaka/

再生関係の仕事の端っこではあるけれど、そういう仕事をしていて何か自分の中で消化しきれない物が出てくると、ハードディスクに録画してあるハゲタカを見てしまう。
不良債権の処理は、端的に言えば、バランスシートの整理だ。
バランスシートは過去から積み上げられた物のある時点での残高を示す以上、そこに記載されている不良債権は人間の生み出した不始末や感情の澱だと思う。

現実の世界において、その澱に落とし前をつけることが出来なかった経営者・銀行・日本、落とし前の付け方を考える自分。
小説の中とはいえ、その落とし前を付ける登場人物たち。テレビ版のサブタイトルが「road to rebirth」であることを忘れてはいけない。

テレビ版は出色の出来として様々な賞を受賞しているけれど、それは俳優の良さや演出のすばらしさだけではなく、小説の中にも流れるそれぞれの道義を感じる人が多いからではないかと思う。

2009-05-09

流石 5周年 Lanson Brut 1979

流石の5周年記念のパーティーにお呼ばれした。

飲食店というのは作りやすく、そしてつぶしやすい商売であり、しかも東京銀座という舌の肥えた人たちが集まる場所の中で5年間がんばっていることはすごいことだと思う。

お祝いということで、シャンパンのマグナムボトルが何本も抜かれていた。
招待されたお客様からの差し入れらしい。
こんな時代には、こういうときだけでも、こんな景気よさがいいね。


ドンペリも抜かれていたが、サーブしていたシャンパン・ソムリエール曰く、「今日一番おいしいのはこれ」ということで飲ませて頂いたのがLanson Brut 1979のマグナムボトル。
http://www.lanson.fr/en/gammem1979.htm
シャンパンの味というのは実はあまり好きではなかったけれど、これは本当に美味しいと思った。

2009-05-02

bloggerの設定で参考にしたページ

クリボウの Blogger 入門
http://blogger.kuribo.info/

クリボウの Blogger Tips
http://www.kuribo.info/

Google Bloggerのナビバーを非表示に
http://blogdekasego.com/article/103858629.htm

Bloggerを独自ドメインで運営する
http://mage8.com/blogger.html

ムームードメインDNSのカスタム設定が可能に (2)
http://www.macbook133.com/2008/12/dns2.html

CNAME レコードの設定: ムームードメイン
http://www.google.com/support/a/bin/answer.py?hl=jp&answer=142022

What is my blog ID number?
http://help.blogger.com/bin/answer.py?hl=en&answer=42191

feed-tagcloud-appengine: フィードからタグクラウドを生成するためのAppEngineアプリ
http://blog.as-is.net/2009/05/feed-tagcloud-appengine.html

2009-05-01

blog 復活

ロリポップのレンタルサーバを利用してる。
Movable typeを利用していて、500 error (Internal Server Error)が頻発した。
cgiを利用していて負荷がかかってうまくいかないらしい。
やはり、低額なレンタルサーバの限界なんだろうか。

そこで、Movable typeを捨て、googleのbloggerを利用して復活。
この方法であれば、ドメイン名は独自であっても、実際のデータの格納や処理は、googleのbloggerで行われることとなり今までのような負荷はかからないこととなる。

ただ、残念なのは、過去のmovable typeを利用していた際のコメントを移すことが出来なかったこと。。。

というわけで、またぼちぼちと更新をしていきます。