2009-11-30

my tweets on 2009-11-29

  • 15:52  from blog : Meat or Die: 面白いですねぇ。(笑)本当に笑えます。MEATorDIE | ヤンス!ガンス!http://meatordie.com/http://www.yout.. http://bit.ly/8NxvCP
Powered by twtr2src.

2009-11-29

Meat or Die

面白いですねぇ。(笑)
本当に笑えます。

MEATorDIE | ヤンス!ガンス!
http://meatordie.com/
http://www.youtube.com/user/yansgans#p/u/3/zCU5jDiyHho
GrandPrix at TCM Award 2009

そうか、あの登場する2人(2匹?)は恐竜だったのか。
何の生き物なんだろうと思ってた。



♫ The Last Predator ♫
動画の中のテーマ曲
http://meatordie.com/dinos/

公式ウェブサイトを覗くと、「デジタルなアニメーションはこういう事が可能なんだなぁ」と素直に思えます。
コンテンツのあり方として素敵だなぁと思います。

2009-11-28

my tweets on 2009-11-27

  • 10:14  素朴な疑問。 日本の誇る有名大学には経済・金融・財政の専門が揃っているのに、なぜ自らの大学の運営費や研究開発費の一部くらい資産運用で捻出するという気概がないのか? それでも不足する分を国の助成に頼るべきではないのか???
  • 10:52  from blog : 大学にいる金融・経済・財政の専任教授は所属する大学の科学研究予算の不足を何故救わないのか?: 本当に不思議だ。大学において研究費が不足するという。将来のために必要な費用であるこ.. http://bit.ly/5bP26V
Powered by twtr2src.

2009-11-27

大学にいる金融・経済・財政の専任教授は所属する大学の科学研究予算の不足を何故救わないのか?

本当に不思議だ。

大学において研究費が不足するという。
将来のために必要な費用であることは理解できる。

だからといって、なんでもかんでも国の助成に頼るべきなのか?

同じ大学に所属する理工学部において費用が不足していることについて、金融・経済・財政の専門の教授たちは自らの知恵を生かそうとはしないのか?

運用であるからリスクがあることは当たり前である。
しかし、それを承知の上でリスクを判断し、金融商品を吟味して運用するのが金融や経済の学問ではないのか?
商品の中身も検討しないで丸投げで運用損を出してしまった大学に所属する経済学の先生たちは自らその事を総括しているのか?
そういったことが、実務と学問の融合になるのではないのか?
象牙の塔の住人は、お金にまつわるような卑しいことはしないとでも言うのか?
寡聞にして自ら運用しているという話は聞こえてこない。

以下のようなことは日本では夢なのか?

大学経営における資産運用のリスク 日本総研 コラム「研究員のココロ」 2009年05月25日 吉田賢一
http://www.jri.co.jp/page.jsp?id=7136
一般にアメリカでは有名私立大学ほど高い格付を受け、運用のための資金調達が可能となっており、2008年1月9日の読売新聞によれば、ハーバード大の3.8兆円をはじめ資産運用のために単独で1兆円を超える基金を有する大学が全米で6校あり「年18~20%の投資収益を上げているという。これに対して我が国では、4年制大学を設置する516法人の運用を行った資産合計が8兆9500億円で平均利回りが1.6%となっており、彼我の大差は一目瞭然である。

2009-11-26

my tweets on 2009-11-25

  • 16:22  from blog : 様々な判断の積み重ね: 仕事の関係で、いくつかの弁護士事務所にお邪魔することが多い。先日お邪魔した会議室で判例集が棚に並んでいるところ。過去の色々な知恵と判断の積み重ねがここにある。 http://bit.ly/6xNoyq
  • 16:52  from blog : 成立: おおよそ2年間かかったけれど、事業の再生に関する仕事が一区切りを迎えた。こんな不景気な時代ではあるけれど、逆にその事が目に見えない運や転機を与えてくれた気がして仕方ない.. http://bit.ly/7EJPOm
Powered by twtr2src.

2009-11-25

成立



おおよそ2年間かかったけれど、事業の再生に関する仕事が一区切りを迎えた。
こんな不景気な時代ではあるけれど、逆にその事が目に見えない運や転機を与えてくれた気がして仕方ない。
再生に向けた当事者の努力が、そういったものを引き込むのだと思う。

良かった。

様々な判断の積み重ね

仕事の関係で、いくつかの弁護士事務所にお邪魔することが多い。


先日お邪魔した会議室で判例集が棚に並んでいるところ。

過去の色々な知恵と判断の積み重ねがここにある。

2009-11-24

my tweets on 2009-11-23

  • 17:52  from blog : エヴァンゲリオンを1.5倍ぐらい楽しくする動画: ウィルスバスター for Macをインストールしたところ、Mac(snow leopard)でgyaoやYouTubeの動画の.. http://bit.ly/08x950Q
Powered by twtr2src.

2009-11-23

エヴァンゲリオンを1.5倍ぐらい楽しくする動画

ウィルスバスター for Macをインストールしたところ、Mac(snow leopard)でgyaoやYouTubeの動画の閲覧が途切れ途切れになってしまった。
この問題は、Trendmicroのサポートセンターとメールのやりとりを5回ほど繰り返し、原因の切り分けにより、改善の「修正モジュール」の提供を受け解決した。
本当に良い対応だったと感謝している。

そこで気をよくして動画をいくつか見ていたところで次のものを発見。
もう2年以上も前にアップされていたみたい。
こういったものを丹念に作りveiwも沢山あるというのはすごいことだなぁと思う。



作者ginmetto2 さんのチャンネル
http://www.youtube.com/user/ginmetto2#p/u

2009-11-16

my tweets on 2009-11-15

  • 18:22  from blog : 県民の日 @小瀬公園: 昨晩から続いていた雨も上がり、小瀬公園は昼からは快晴。木々も綺麗に紅葉している。県民の日ということでお手伝い。天気が回復したせいか、すごい人出。 http://bit.ly/41b4Zr
Powered by twtr2src.

2009-11-15

my tweets on 2009-11-14

  • 16:52  from blog : 語らい、食べ、そしてまた語らう旅 11/6 - 11/8 その1: いわゆる異業種交流会のような団体で年に1度旅行が企画される。行く場所や何を食べるかは常に旅行幹事に一任されて.. http://bit.ly/3X4YX6
  • 20:52  from blog : アシンメトリー: スガ シカオ / アシンメトリー涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから自分が思ってるよりも 君は強い人間じゃないし抱きしめるぼくにしたって 君と何もか.. http://bit.ly/3Rvt9s
Powered by twtr2src.

2009-11-14

県民の日 @小瀬公園

昨晩から続いていた雨も上がり、小瀬公園は昼からは快晴。

木々も綺麗に紅葉している。


県民の日ということでお手伝い。
天気が回復したせいか、すごい人出。

アシンメトリー

スガ シカオ / アシンメトリー

久しぶりにイヤフォンで聞いてみると、いつも聞いている感じと違って良いですね。



涙の色はきっと にぶいぼくには見えやしないから
自分が思ってるよりも 君は強い人間じゃないし
抱きしめるぼくにしたって 君と何もかわりなんてない

2009-11-13

my tweets on 2009-11-12

  • 10:22  from blog : 裁判所見学: 仕事で裁判所には月に一度は訪れる。でも、行く先は1階のみで、その上にある法廷見学はしたことがなかった。裁判員制度が導入される過程で、小中学生による模擬裁判が朝から.. http://bit.ly/vph4V
  • 13:53  from blog : 香港 〜あれから1年以上経過: 昨年2008年8月に街の雰囲気といずれ来るアジアの時代の中心となる金融機関が見たくて香港へ。あれから、あっという間に1年以上が経過していたことに.. http://bit.ly/2iSJav
  • 21:23  from blog : 語らい、食べ、そしてまた語らう旅 11/6 - 11/8 その2: <11/8>クロワッサンで有名な「三日月」へ買い出しに出かける。http://www.mikadukiya... http://bit.ly/2o0Bfj
Powered by twtr2src.

2009-11-12

語らい、食べ、そしてまた語らう旅 11/6 - 11/8 その2

<11/8>
クロワッサンで有名な「三日月」へ買い出しに出かける。
http://www.mikadukiya.com/
まさに、買い出しにふさわしい量を各々が買っていく。
「そんなに買わなくても、ネットで買えるだろう」という突っ込みもありそうだが、お土産というのはそういうものだ。(笑)


ホテルをチェックアウトし、旅行幹事のたっての希望であるサッカーの試合見学。

テレビで見るよりも迫力があるため、みんな大騒ぎ。残念ながら試合は逆転負け。

空港で旅の締めのラーメンをまた頂き、帰途へ。

語らい、食べ、そしてまた語らう旅 11/6 - 11/8 その1

いわゆる異業種交流会のような団体で年に1度旅行が企画される。

行く場所や何を食べるかは常に旅行幹事に一任されているため、ある意味ミステリーツアー。
ここまでは、前回の熊本と同じだけれど、今年の行き先は福岡の博多。

<11/6>
羽田からの飛行機が早いため、前日は東京に前泊。

仕事の関係などで博多現地集合の人を除いて、三々五々とホテルで集合。
そして、お寿司屋さんへ。
既にテンションはだいぶ高め。お酒もかなり進むものの、明日が早いのでほどほど。

<11/7>
東京は快晴。
ホテルから新宿モード学園のコクーンタワーに朝日が輝いて見える。

ホテルからは、羽田空港までアルファードのワゴンタクシーで移動なのでラクチン。

羽田から福岡へ。
空港からタクシーで昼食の会場へ。

呼子のイカを食べるにはだいぶ遠いので、中洲にある「河太郎 中洲本店」でイカを頂く。
生け簀にいたイカが、お刺身と天ぷらに。


ホテルで休憩し、夕方早い時間から中洲の屋台へ。
この不景気のせいか、屋台自体はあってもお店として開いているのは全体の半分くらい。
飲んでいるうちに徐々に日が落ち、屋台の雰囲気が出てくる。


屋台の締めは、やはりラーメンと甘いもの。
そして、夜が更けても人では変わらず、不景気でも流石に100万人都市の週末という感じ。

香港 〜あれから1年以上経過

昨年2008年8月に街の雰囲気といずれ来るアジアの時代の中心となる金融機関が見たくて香港へ。
あれから、あっという間に1年以上が経過していたことに驚く。

香港に行く便が気流で大揺れ。
あまりに揺れるので、食事の際に一度持ってしまったコーラの紙コップを取り出し机の上に置くことがままならない。
実はこの時点で台風が香港に接近していたのだけれど、いつも山梨で感ずる台風程度に甘く見ていたことを後で知ることとなる。

初めて行くところなので、行き帰りのみツアコンのアテンド有りのツアーに登録し、現地ではフリーとした。
宿泊地はペニンシュラ。
あまりにもベタな選択と通なひとには笑われそうだけれど、街の雰囲気がわからない以上、そこは保守的に。
夕方、現地に到着。まだ風は強くても天気はさほど悪くない。
 

翌朝、前日にツアコンからペニンシュラの朝食よりも絶対良いと強く勧められたインターコンチネンタルホテルの朝食を歩いて食べに出かける。
その時に、雨と風が強くなってきたなと感じる。
1時間ほど朝食にかけ、満足する朝食だった。
ただ、本当なら海を見ながら食事できるところのはずなのに、窓にはすべてシャッターが降りているという「理由」に気づくべきだったのだろうけれど、その辺は何も考えずに地下鉄で金融街に出かける。


香港の銀行は朝9時から。
それに合わせて地下鉄に乗ったが、車両には人が数人という状態。
香港では地下鉄で仕事に行くと聞いていたが、ものすごく朝が早いのだろうか?と少し疑問に思いながらも「セントラル」と呼ばれる金融街に到着。
地上に出て辺りを歩いても、人を見かけない。
ショッピングモールや高級店が多いから、この時間帯では人は少ないのだろうと勝手に思いながら目的であるHSBC(香港上海銀行)に到着。
実は、この銀行は「日本で」一番古い銀行となる。なぜなら、日本銀行を設立する際に支援を行いに来ていた銀行だから。

さて、なぜか銀行の1階ロビーは電気がついていないで暗く、また、鉄のゲートが降りている有様。
ガードマンに聞くと、「台風だからお休み。明日は土曜日だけれど半日営業するので再度来るように。」とのこと。
台風で銀行が休むなんて信じられない、と思いながら、地下鉄でホテルに戻ると、ホテルの玄関は閉じられ、1階の全ての窓には鉄の板がはめ込まれている状態。玄関の張り紙には「台風により閉鎖、裏口に回れ」という指示が。。
よく映画の中で、ホテルの中を駆け抜けて裏口に回るシーンがあるけれど、あれの逆のルートをたどり、ロビーに出た。
部屋に戻ると、各部屋に備え付けのFAXに「朝8時に台風が近づき警戒レベルが上がったため、金融機関・証券取引所及び商店の営業を行わない」と書かれていた。つまりは、知らずに行動していたということか。
実際、台風の影響はすごく、確かに営業などしている場合ではないことがわかる。
このせいで、翌日のオフをキャンセルするしかないこととなる。
仕方ないので、ホテルライフを1日エンジョイすることとなった。
 

翌日は台風一過の快晴。
当初の目的を無事に達成し、もう一つの目的である街を見に出かける。
そして、中国の中での金融立国という意味を何となく感じた気がする。
あまりにも、日本と勢いが違いすぎる。

利子所得や配当所得に対する課税が行われず、また贈与税も相続税もない国には、当たり前だけれど世界のお金が集まってくる。
なぜなら、日本のような利益に対しての源泉税がないということは単純に考えても「運用利回り」が高くなるわけだから。
お金が集まるところには投資があり、そして人が集まる。

この勢いが違いすぎる。

こういったことを経験した日から1年以上が経過し、リーマンショックにより香港も金融不安を抱えた物の、最近ではそれも乗り越え、再び上昇に転じていると聞く。
やはり、アジアの時代がいずれ訪れるのだろう。

2009-11-07

my tweets on 2009-11-06

  • 11:52  初めての、新宿 麺屋 武蔵本店 味玉ラーメンのあっさり味を食べてみた 今まで食べたことのないスープのインパクト こってりだったらどんなインパクトがあるのだろう?
Powered by twtr2src.

2009-11-05

my tweets on 2009-11-04

  • 15:54  from blog : 祇園手打ち式: たぶん、生涯に一度しか経験をすることは無いだろう。過日、お目出度い席に参加し、「祇園手打ち式」を体験した。祇園甲部の芸妓(井上八千代門下の芸妓衆)が拍子木を打ち.. http://bit.ly/2IRG0M
  • 19:53  from blog : 経験と疑似体験: よく言われることだけれど、「人間は色々と経験しておいた方が良い」と言うことになっている。では、「人生がひっくり返るほどの悪い経験」もした方が良いかというと、そ.. http://bit.ly/2QBiHP
Powered by twtr2src.

2009-11-04

祇園手打ち式

たぶん、生涯に一度しか経験をすることは無いだろう。

過日、お目出度い席に参加し、「祇園手打ち式」を体験した。

祇園甲部の芸妓(井上八千代門下の芸妓衆)が拍子木を打ち鳴らしながら会場に入り、「祇園の手打ち式」の伝統芸が始まった。
この祇園の手打ち式は慶事のある席で披露される伝統芸で坂田藤十郎のお披露めの時に祝賀の意味を込めて披露されたものらしい。



祇園手打ち式の雰囲気はこちらのサイトが詳しい。
http://hayashima.cocolog-nifty.com/essay/2006/12/post_c101.html

経験と疑似体験

よく言われることだけれど、「人間は色々と経験しておいた方が良い」と言うことになっている。
では、「人生がひっくり返るほどの悪い経験」もした方が良いかというと、そんなことは無いと思う。
自分の子供にそういう経験をさせたいという親はいないだろう。

最初の言葉の背景には、「より良い将来を迎えるために必要な経験」という意味が隠れている気がして仕方がない。

確かに、人間は経験した以上のことは説得力のある言葉として表現できないから、「ひっくり返る様な経験」も話す人によっては「修羅場をくぐった強さ」ということなのかもしれない。
しかし、修羅場はくぐらない方が良いはず。
同じ「転ぶ」にしても、立ち直れる「治る傷」を経験して、より一層の痛みを想像して感じられる想像力が得られることが大事。
とすると、それを補うのが疑似体験と想像力ということになり、「本を読む」ことや「実際に体験している人の話を直に聞く」ということに重要性があるはずと思う。
転ばないでも、転んだときのことを我が事のように感じられることが大事だと思う。
これが「知識」ということなのだろう。

それでも、注意している人でも大きく転ぶときがある。
不運としか表現できないようなことも起きている。
人に2000年以上の歴史があるなら、人それそれぞれ全く同一の感じ方は出来なくとも、状況を解消あるいは軽くしたりする方法が過去のどこかに必ずあったと思える。

そういったことを解決できる力を「知恵」と呼びたい。