2009-11-04

祇園手打ち式

たぶん、生涯に一度しか経験をすることは無いだろう。

過日、お目出度い席に参加し、「祇園手打ち式」を体験した。

祇園甲部の芸妓(井上八千代門下の芸妓衆)が拍子木を打ち鳴らしながら会場に入り、「祇園の手打ち式」の伝統芸が始まった。
この祇園の手打ち式は慶事のある席で披露される伝統芸で坂田藤十郎のお披露めの時に祝賀の意味を込めて披露されたものらしい。



祇園手打ち式の雰囲気はこちらのサイトが詳しい。
http://hayashima.cocolog-nifty.com/essay/2006/12/post_c101.html

0 件のコメント:

コメントを投稿