2009-12-01

立川志の輔独演会 in 甲府

昨日、昨年に引き続き志の輔師匠の独演会を文化ホールに見に行く。



やはり志の輔師匠の話は面白い。
話術が芸になるというのは素直に笑える部分が大きいのではないかと思う。

演目は二つ「みどりの窓口」「紺屋高尾

古典に関しては、現代に合わない部分があることを気にしているのか、話術の中に説明的なものがあったように感じたのは気のせいだろうか?

それにしても、チケットを取ったのは夏だったから、今の世相の変わり様は想像の外であった。
落語に限らず、何かを経験する時間をとれると言うことは幸せであると思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿