2010-03-31

2年縛り

携帯には新機種にしてから2年以内に交換すると料金が発生するいわゆる「2年縛り」がある。

auの場合は「フルサポートコース」と言われているものだ。
http://www.kddi.com/corporate/news_release/2009/1019a/index.html

2年前に機種変更したものが今日で2年の年季明けとなる。

iphoneに魅力を感じるけれど、キャリアがソフトバンクであるため通信環境があまり良くない。
昨日auから発表されたスマートフォンが個人的には「全く興味をそそられないデザイン」であったため、デザインの良いものを普通に探そうと思っていたところに、次のニュースが配信された。

米アップル、アイフォーンにCDMA規格を採用
http://jp.wsj.com/IT/node_46250
夏には CDMA 対応の『iPhone』登場か

ここで言っている「CDMA」はCDMA2000規格のことになる。
ソフトバンクやドコモの規格は「W-CDMA」。

auの規格は正確にはCDMA2000と少し異なるらしいけれど、配信された内容がauにも当てはまるのであれば、iphoneの発売に期待したい。

それにしても、auが新機種を発表した日にこういったニュースが配信されるというのは偶然なのか或いは違う意味があるのか。。。。


2010-03-29

my tweets on 2010-03-28

  • 15:41  from blog : 桜が咲きました: 今は休業しているパレスホテルでは毎年「お堀の桜が咲きました」という新聞広告を出していたように覚えている。 今は出ていないけれど。 その代わり、東京銀座のお店から桜の便りが届いた。 http://bit.ly/bTkC8n
  • 15:53  from blog : 知的幸福の技術: 以前のタイトル「雨の降る日曜は幸福について考えよう」に時代の変化による加筆訂正を加えた文庫本となる。 まさに今日の様な天気の日に合わせたタイトルである気がする。 とても正直な本であると... http://bit.ly/amOucj
  • 16:26  from blog : 大切なのはひとつか二つくらいだし: テレビで放映されている「毎日かあさん」の原作。 テレビ版は、本来の内容が余りにも「アク抜き」されていすぎて好きではない。 言葉の裏側にあるものがアク抜きにより生きてこな... http://bit.ly/acGC0b
Powered by twtr2src.

2010-03-28

大切なのはひとつか二つくらいだし


テレビで放映されている「毎日かあさん」の原作。
テレビ版は、本来の内容が余りにも「アク抜き」されていすぎて好きではない。
言葉の裏側にあるものがアク抜きにより生きてこない気がする。。

それはさておき、この本の中に出てくる「大切なのはひとつか二つくらいだし」という言葉は含蓄がある。

再生の相談を受けているときに思うことは、相談のタイミングが遅いケースにおいては「守れるものは一つくらい」という事に気づけないために悩みの解決が遅れていることが多いことだ。
関係するもの全てを以前の状態のままに置いておくという事はとても難しい。
だけれど、一つを守るための方針は作れることが多い、と思う。

知的幸福の技術



以前のタイトル「雨の降る日曜は幸福について考えよう」に時代の変化による加筆訂正を加えた文庫本となる。

まさに今日の様な天気の日に合わせたタイトルである気がする。
とても正直な本であるというのが第一印象。
個人的には、ほとんどの部分について同感と思う。

2010-03-23

桜が咲きました

今は休業しているパレスホテルでは毎年「お堀の桜が咲きました」という新聞広告を出していたように覚えている。

今は出ていないけれど。

その代わり、東京銀座のお店から桜の便りが届いた。

2010-03-22

my tweets on 2010-03-21

  • 21:29  from blog : busy seasonも終わり: いわゆる確定申告繁忙期を乗り越え、年度末を目標にしていた様々な仕事の詰めも19日に目処がつき、これで3日間はじっとしていられると思えた連休の中日。 ここのところお世話に... http://bit.ly/aPhK8Q
Powered by twtr2src.

2010-03-21

悲願のチュ~ @鵜飼山遠妙寺本堂

彼岸の中日。

この日に「悲願のチュ〜」を見に行く。

司会というのか前説というのか、始まりの紹介を高田文夫センセイ(ちらし記載のまま)が行うという豪華さ。

この段階での話が滅法面白く、会場がとても「暖まって」、二つ目さんにとってやりやすくなったのか、或いは、緊張を増したのか、わからない展開も面白い。

笑いが不足して凝り固まった体には、丁度良い会だったと思う。

(出演順 敬称略)

高田文夫

古今亭菊六 湯屋番
春風亭一之輔 あくび指南
立川志らら 替り目
寒空はだか スタンダップコメディー
柳家喬太郎 按摩の炬燵

busy seasonも終わり

いわゆる確定申告繁忙期を乗り越え、年度末を目標にしていた様々な仕事の詰めも19日に目処がつき、これで3日間はじっとしていられると思えた連休の中日。

ここのところお世話になっている整体で80分間の「もみほぐし」の至福。
自分でも固いのがわかるので、大変だったと思う。
背中から腰にかけての背筋が緊張などでガチガチになっていたのを丹念にほぐして貰えた。