2010-03-21

悲願のチュ~ @鵜飼山遠妙寺本堂

彼岸の中日。

この日に「悲願のチュ〜」を見に行く。

司会というのか前説というのか、始まりの紹介を高田文夫センセイ(ちらし記載のまま)が行うという豪華さ。

この段階での話が滅法面白く、会場がとても「暖まって」、二つ目さんにとってやりやすくなったのか、或いは、緊張を増したのか、わからない展開も面白い。

笑いが不足して凝り固まった体には、丁度良い会だったと思う。

(出演順 敬称略)

高田文夫

古今亭菊六 湯屋番
春風亭一之輔 あくび指南
立川志らら 替り目
寒空はだか スタンダップコメディー
柳家喬太郎 按摩の炬燵

0 件のコメント:

コメントを投稿