2010-03-28

大切なのはひとつか二つくらいだし


テレビで放映されている「毎日かあさん」の原作。
テレビ版は、本来の内容が余りにも「アク抜き」されていすぎて好きではない。
言葉の裏側にあるものがアク抜きにより生きてこない気がする。。

それはさておき、この本の中に出てくる「大切なのはひとつか二つくらいだし」という言葉は含蓄がある。

再生の相談を受けているときに思うことは、相談のタイミングが遅いケースにおいては「守れるものは一つくらい」という事に気づけないために悩みの解決が遅れていることが多いことだ。
関係するもの全てを以前の状態のままに置いておくという事はとても難しい。
だけれど、一つを守るための方針は作れることが多い、と思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿