2010-05-07

selling climax ?

ここのところ、ギリシャの不安定さを抱えて、為替の動きが不安定だった。

そう思っていたら、ここ3日くらいで10円近く円高に振るという極端な動き。
特に、今日の早朝3時台の極端な動きはすごかった。
これが、selling climaxなのかと思っていたら、次の記事が。

誤発注で瞬間的に株急落? 米証取、一部取引を無効に

株式の取引は無効になるのかもしれないけれど、為替の取引が無効になるとは思えない。
そうすると、ハイレバレッジでFXを行っていた人たちにとっては、悪夢のような2日間だったに違いない。

しかし、別の面から考えれば、「悲鳴が聞こえたときが買い時」という投資の格言が一致する瞬間もこういうときなのだろうと思う。

0 件のコメント:

コメントを投稿