2010-09-28

漁船衝突 得したのは誰?

本質はイデオロギーとか思想や主張とかの問題ではなく、経済的に誰が得するのか?という点を突き詰めたトラブルという気がする。まるで、トム・クランシーの「日米開戦」や「大戦勃発」の中に出てくる一シーンのような展開だ。

本当は誰も得はしていないはずなのに、国際社会の中では当事者ではない第三者が得をすることがまま起こるような気がする。

こういう時に得をするのは、けんかの当事者よりも、けんかを仲裁する力を持っていると周りから思われる仲裁役の存在感の増加だろう。
やはり、それはアメリカの役回りか。

あるいは、ここの所の中国の発展を面白く思っていない人間とかは、ケンカにおいて中国が傲慢に勝ったように見えることによって、実際にどうかは別として、中国に対しての不安感の増大という効果を感じているのかもしれない。

そんなことを思っていたときに次の記事が出てきた。
やはり、単純にイデオロギーの切り口だけで考えてはいけない問題な気がする。

<日本と中国、漁船衝突は勝ち負けで言えばどこの漁夫の利か>

<中国エリートたちは国民の声をかき消すこともできる>
中国で世論が外交政策に与える本当の影響力は、過大評価されがちだ。ネットの騒ぎがどれほど沸騰しようと、中国政府は国内議論の方向性を自在に操ることにかけて実に長けている。中国での検閲は、特定の話題に触れるべからずという直接命令の形をとることもあるが、もっと巧妙なやり方もある。そういう場合の当局は、国民に言いたい放題させてすっかりガス抜きをしてから、それ以上の議論は禁止するのだ。
<中国の戦術は裏目に出る危険性も>
世界第2位の経済大国として日本を追い抜いたばかりの中国は、アジアで影響力を増している。その中国に対してアジア各国の懸念はただでさえ高まりつつあるのだ。日中が揉めているのと同時に、中国とアジア各国の関係もほころび始めている。温家宝首相はこのほど、日本と領有権を争っている尖閣諸島(中国名・釣魚島)は中国の「神聖な領土」だと発言し、領土権をますます強気で主張する意図を示唆した。
<Rising power>
The picture painted by this behavior is not that of a moderate power eager to fit into a regulated international system. Rather, China's recent conduct looks more like 19th-century mercantilism.規律のとれた国際システムに順応していこうという穏やかな大国のそれではない。むしろ中国の最近の行動は、19世紀の重商主義的なふるまいに見える







2010-09-19

OMEGA SPEEDMASTER CLASSIC

ちょっと変わった腕時計を愛用している。
そろそろ17年になるだろうか。

automatic, triple calendar, tachymeter, moonphaseといった特徴を持っている。
既に廃盤(discontinued)となったモデル。


自動巻なので、時々調整をしてあげたいけれど、説明書が無いためできなくなっていた。
時間があったので、ネットで検索しても出てこない。

気合いを入れて、googleの画像検索を見ていた。
どうやら「OMEGA SPEEDMASTER CLASSIC 18 Kt. Gold-PIC 3630.20」ということを発見。
http://onlineluxurywatchesdeals.com/

型番と商品名がはっきりしたので、どこかで調整方法を手に入れたい。

2010-09-18

秋晴れ

見事に秋晴れ。

2010-09-12

ガチョウ姉さん

ガチョウ姉さん、9月11日午前0時、NHKの「着信御礼!ケータイ大喜利」の「ロケ企画~しずるの大喜利ひろめ隊が行く!」にビデオ出演。
http://www.nhk.or.jp/o-giri/

お題に対して、なかなかの返答でした。

2010-09-10

思い過ごしか? 1997年と2010年の相似

2010年と1997年が似た年だと思うのは思い過ごしだろうか?

参考
http://ja.wikipedia.org/wiki/1997年

1997年には「エヴァンゲリオン」と「もののけ姫」という対照的な映画が公開された。
その時の宣伝では片方は「みんな死んでしまえばいいのに」といい、もう片方は「生きろ」といった。他者との拒絶への絶望、或いは、過酷な中での希望。

2009年から2010年にかけて再び「エヴァンゲリオン」が公開され、「借りぐらしのアリエッティ」が公開された。アリエッティは見ていないけれど、宣伝や評判を聞く限り、どちらの映画も「他者とのつながり」を示しているように感じる。
1997年から始まった分裂や乖離が間違いであったと言うように。。

1997年、北海道拓殖銀行や山一証券が破綻した。
当時の都銀13行はつぶれないという思い込みがあったが、金融システムを試すかのように金融当局は破綻を選んだ。

2010年、金融当局は初のペイオフを選択。
http://www.asahi.com/business/update/0910/TKY201009100196.html
最も社会的な影響の少ない金融機関によって、その意義を試すかのようだ。

1997年、消費税は予定通りに税率を3%から5%へ引き上げ、増税を行った。
2010年、実際に増税は行われないものの、消費税増税の雰囲気が強くなっていることは間違いない。

1997年は、今から見れば、「失われた10年が終わる時期の始まり」だったと思う。
http://ja.wikipedia.org/wiki/失われた10年
そして、実際には極端な景気後退の始まった年に思える。

もしかしたら、2010年も後からはそう思われる年なのかもしれない。

2010-09-01

鳩の恩返しが始まる

民主党の党首選挙が始まる。
同時に、鳩山前総理の小沢議員への恩返しが始まる。

鳩山氏「恩返しすべき」 グループ内、小沢氏支持強まる
鳩山由紀夫前首相は27日、訪問先のモスクワで記者団に「私は小沢氏に総理にまで導いていただいた。ご恩返しをすべきだ」と語り、小沢氏支持の考えを改めて示した。
これが本当の姿であったとしても、「建前もなく」、一時的にでも総理の立場にあった人がこれを言うのはおかしくないか???
かといって、現在の状況を50年間かけて作り上げた自民党も批判する立場に立って良いとも思えない。

「政治」には期待したい。
でも、「政治」ではなく、現在の「政治家という職業を行う人たち」には期待できない。
法律を変えられるのは、残念ながら、「政治家という職業を行う人たち」しか出来ない。
となれば、既に施行されている法律や経済のルールや仕組みが良いか悪いかに関わらず、その下において如何に生活するかが問われる事になる気がする。
それは、各個人に「生きる知識」を要求することに他ならないと思う。

ここで、「知的幸福の技術」という本に書いてあった一文を思い出す。
億万長者になって王侯貴族のような生活を送ることが誰にでもできるわけではない。だが幸いなことに、日本はいまでも世界でもっとも豊かな国の一つであり、この国に生まれた幸運を活かせば、自分と家族のささやかな幸福(しあわせ)を実現することは、それほど難しくはない。必要なのはほんの少しの努力と工夫、自らの人生を自らの手で設計する基礎的な知識と技術だ。
このことを真剣に試される時が来たのかもしれない。