2010-09-28

漁船衝突 得したのは誰?

本質はイデオロギーとか思想や主張とかの問題ではなく、経済的に誰が得するのか?という点を突き詰めたトラブルという気がする。まるで、トム・クランシーの「日米開戦」や「大戦勃発」の中に出てくる一シーンのような展開だ。

本当は誰も得はしていないはずなのに、国際社会の中では当事者ではない第三者が得をすることがまま起こるような気がする。

こういう時に得をするのは、けんかの当事者よりも、けんかを仲裁する力を持っていると周りから思われる仲裁役の存在感の増加だろう。
やはり、それはアメリカの役回りか。

あるいは、ここの所の中国の発展を面白く思っていない人間とかは、ケンカにおいて中国が傲慢に勝ったように見えることによって、実際にどうかは別として、中国に対しての不安感の増大という効果を感じているのかもしれない。

そんなことを思っていたときに次の記事が出てきた。
やはり、単純にイデオロギーの切り口だけで考えてはいけない問題な気がする。

<日本と中国、漁船衝突は勝ち負けで言えばどこの漁夫の利か>

<中国エリートたちは国民の声をかき消すこともできる>
中国で世論が外交政策に与える本当の影響力は、過大評価されがちだ。ネットの騒ぎがどれほど沸騰しようと、中国政府は国内議論の方向性を自在に操ることにかけて実に長けている。中国での検閲は、特定の話題に触れるべからずという直接命令の形をとることもあるが、もっと巧妙なやり方もある。そういう場合の当局は、国民に言いたい放題させてすっかりガス抜きをしてから、それ以上の議論は禁止するのだ。
<中国の戦術は裏目に出る危険性も>
世界第2位の経済大国として日本を追い抜いたばかりの中国は、アジアで影響力を増している。その中国に対してアジア各国の懸念はただでさえ高まりつつあるのだ。日中が揉めているのと同時に、中国とアジア各国の関係もほころび始めている。温家宝首相はこのほど、日本と領有権を争っている尖閣諸島(中国名・釣魚島)は中国の「神聖な領土」だと発言し、領土権をますます強気で主張する意図を示唆した。
<Rising power>
The picture painted by this behavior is not that of a moderate power eager to fit into a regulated international system. Rather, China's recent conduct looks more like 19th-century mercantilism.規律のとれた国際システムに順応していこうという穏やかな大国のそれではない。むしろ中国の最近の行動は、19世紀の重商主義的なふるまいに見える







1 件のコメント:

  1. こんな記事が出てきた。

    お互いを見下す日本と中国の大人げない関係
    米国が恐れる「第二、第三の衝突」の必然
    http://diamond.jp/articles/-/9614

    返信削除