2010-12-11

Mac + Silverlight = Gyao での不具合

次の様なエラーが出た。

「映像の取得に失敗しました(9011)」

Gyaoのヘルプにある方法で直そうと試みても、うまくいかない。

おそらく、どこかに古い設定情報が残ってしまっているのだろう。

検索すると、
が見つかる。
どうしてもSilverlightで再生にエラーが出る場合、Silverlightの再セットアップをおすすめします。
アンインストールと再インストールをする訳ですが、マイクロソフトさんのWebページで説明されている方法では完全に削除はできません。
Internet Plug-Ins ディレクトリ (/Library/Internet Plug-Ins/) にある
Silverlight.plugin
を削除したら、今度は
アプリケーションサポートディレクトリ (/Library/Application Support/Microsoft/)にある
PlayReadyフォルダも必ず削除しましょう。
これを削除しないとSilverlightを再セットアップしても不具合が改善できない事があります。
2つのファイルとフォルダを削除できたら、Silverlightの再ダウンロードとインストールをしましょう。
パソコンというのは、きちんとアンインストールしたつもりでも、深い階層に情報を残してしまうものだなと思う。


2010-12-10

昼食 @銀座

昨日の流れで、何人かの方+某外資系銀行のプライベートバンカーと食事をすることになる。

待ち合わせは、Gucci cafe。
ここで、お昼を食べる前に軽い飲み物。
泡のお酒はおいしい。でもお昼なので回る。

ここから、銀座1丁目のお蕎麦屋さんへ。
そばがき、とろろそば、デザートに蕎麦のぜんざい。





2010-12-09

セミナー+懇親会 @ホテルニューオータニ

セミナーを受講。
300人を相手にする内容のためか、論点がきちんとあるようなないような。。。。
3時間受講して、ヒントとなるなぁと感心した時間は30分くらい。

懇親会までの時間にチェックイン。今回は、主催者側で全てセットされているため楽ちんだ。タワーの34階と言うことで、夜景も素晴らしい。


ここから意見交換会という名の懇親会に出席。
何人かお顔を知っている方々と会えたのでご挨拶。

事前に予定を伝えていたWindowsを売っている会社のマネージャーがホテルを訪ねてくれたので、2次会を中座してクラウドの未来についてお話。

地元でやっている地域振興になんらかのコラボレーションができないだろうか?
情報共有という視点からは、できることが必ずあると思う。

なだ万 Applause @新宿

午後からのセミナー+懇親会の前に、一緒に参加する方々と昼食。

新宿の喧噪を避けて、なだ万で食事。
新宿東口にあることを感じさせない空間であることと食事が会話を弾ませる。


2010-12-07

笹本貴之さん

思いがけず、電話を頂き、急遽お会いできることに。

1時間くらいの話かなと思っていたけれど、なんだか、あっという間に3時間30分途切れなく会話が続きました。

こういう体験は久しぶりで、楽しかったです。

参考:http://sasamoto.sblo.jp/

2010-12-06

壇 with M2

「上司」が存在しない自営業者にとって、ほめてもらうという機会は少ない。
美味しい食事は「達成感」と「もう一度この味を経験したい」というモチベーションを感ずるもの。

2010-12-05

time machineでバックアップすると、起動ディスクの容量が減少

Core i5のマシンに移行し、64 bitで動かしている。
これに関しては、安定していて、早く動くので嬉しい。

しかし、機種の変更を行っている中で一つ不思議なことに気付いた。

Mac OSに付属しているTime Machineによるバックアップを行ったところ、起動ディスクとなっているMacintosh HDの容量が激減。

元々150GBの容量を確保し、機種変更前の個人設定など60GBの情報を移動したので、90GB程度の空きがあるのが当たり前のはず。

セットアップが完了した直後は、ちょうど90GBの空き容量が起動ディスクにあったことを確認。
寝る前に、Time Machineによる初めてのバックアップを開始。
バックアップ予定の容量は、起動ディスクとデータを併せて130GBをバックアップ。
朝に確認したところ、明け方5時くらいに最初のバックアップが終わっていた。
そして、自動的に次のバックアップを開始していたらしいが、寝ていてファイルの変更を行ったものは基本的にないはずなのに、バックアップ予定が17GBあり、10 byte程度をバックアップしようとしたところで止まっているような状態であった。
一体、何の変更があったというのだろう?
spotlightの検索範囲からはtime machineに使用しているディスクは除外しているのに。
ここで、起動ディスクの容量を見ると、67GB程度しか残っていない。

何かおかしいと考え、バックアップを中止。
バックアップ中止の動作が完了し、再度起動ディスクの容量を確認すると91GBの容量に復活。

一体、何が起こったのだろうか?

この記事が参考になりそうな気もする



2010-12-03

MacBook Pro Core i5 2.53 Ghz + 8MB memory

Core i5マシンが到着。

すぐにHDDのパーティションの切り直しとSnow Leopardの再インストール。
参考:
http://ascii.jp/elem/000/000/455/455112/

所要時間30分ほどで完了。

Core 2 Duo 2.53 Ghzマシンから個人設定とデータのお引っ越し。
Fire Wire 800での接続により、個人設定の引き継ぎは40分ほどで終了。

あとは、データのお引っ越し。
Core 2 Duoマシンをターゲットディスクモードで起動し、接続。
外付けのHDDとして認識される。
およそ180GBのデータのコピーに1時間40分。

再起動し、起動時のカーネルが64bitになるように変更。
http://support.apple.com/kb/HT3773?viewlocale=ja_JP

仮想環境で動作しているWindows 7への割り当てメモリーを3GBへ変更。
同じく、仮想環境で動作してるWindows XPへの割り当てメモリーを2GBへ変更。

不具合もなく、Snow LeopardとWindows達が動いている。

2010-12-01

長期間放置するとUSBメモリーのデータが消える

最近、ハードディスクの代わりにSSDを利用するPCが増えてきている。
また、データの保管にUSBは当たり前のように利用されている。

そんな時に気になる記事があったのでメモ。

【フラッシュメモリー編】 長期間放置するとセル内の情報が消える

フラッシュメモリーのデータ消失を防ぐ3カ条
・一般的な用途であれば、書き換え寿命は問題なし
・何年間も放置するとデータ消失する危険がある
・格安メモリーは品質面で劣る可能性も